相続人の権利生活を守るためには

遺留分は、相続開始後の放棄であれば特に届出などは必要とせず、 遺留分の侵害を受け入れるだけで放棄が完了します。

遺言が作成されている場合、相続人はその内容に従わなければ
なりませんが、その内容が行き過ぎた遺言であれば、場合によっては
相続人が著しく不利益を被ることになります。
“相続人の権利生活を守るためには”の詳細は »

公平な相続のための特殊な相続分

法定相続分は、被相続人と相続人の関係を一切考慮せず、一律に決められています。しかし、相続人の一人が相続の開始前から多くの財産を譲り受けていた場合や、 逆に、被相続人の財産の維持や増加に努めていた場合には、法定相続分どおりの相続では不公平となる場合があります。

寄与分制度とは、相続人の中に被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした者が
いる場合に、その後見に見合った割合の財産をその者の相続分に加えることで他の者との
公平を図る制度です。
“公平な相続のための特殊な相続分”の詳細は »

慰謝料、損害賠償請求権の相続とは?

被害者が死亡した場合でも、すべての損害賠償請求権が発生し、相続されるとういうことに争いはありません。

Aさんのご子息が医療過誤により死亡しました。ご子息の損害賠償請求権を祖族して訴えることはできるのでしょうか。
“慰謝料、損害賠償請求権の相続とは?”の詳細は »

優しい声の持ち主

印象を変えたいならば、声や言葉使いを変えると良いようです

先日テレビの女性アナウンサーの声にハッとしました。
なんだか聞き入ってしまった声、優しく聞いていて心地の良い声でした。
話の内容は普通のものでしたが、丁寧で誰にでも好まれるような響きのある声でした。


“優しい声の持ち主”の詳細は »

私には相続する人かいないのです

折角の財産も引き継ぐ人がいない場合どのようにすればいいのでしょうか

相続というと、結婚し自分の財産を子に引き継いでもらうというイメージだと思います。では結婚していても子どもがいない場合は相続人がいなく、その財産は寄付するなどしないといけないのでしょうか?


“私には相続する人かいないのです”の詳細は »

お嫁に行った娘には相続権はあるのでしょうか

結婚してお嫁に行ってしまったら、親の財産を引き継ぐ権利はなくなってしまうのでしょうか

日本では結婚すると、家を出る、家に入ると表現されますが嫁いだ娘には相続権があるのでしょうか?
また息子に嫁いだお嫁さんには相続権はあるのでしょうか?


“お嫁に行った娘には相続権はあるのでしょうか”の詳細は »

相続の遺言執行者を有効に する段取りがある

遺言執行者に、相続人の1人を指定することもでき、遺言執行者に、弁護士が指定することも多いものです。

スムーズに遺言内容が執行されるために遺言書の中で遺言執行者を指定しておくことは遺産相続争いを避けるためにも有効です。遺言執行者に、相続人の1人を指定することもでき、遺言執行者に、弁護士が指定することも多いものです。
“相続の遺言執行者を有効に する段取りがある”の詳細は »

相続の秘密証書遺言の作り方

いごん書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない

その1:遺言者の氏名と住所を申述する
その2:公証人が証書提出日及び遺言者の申述内容を封紙に記載する
その3:遺言者及び証人と共に署名押印する。
“相続の秘密証書遺言の作り方”の詳細は »

現状を把握するためにも法定相続分を覚える

民法は、誰が、どのくらい相続するのかを決めています。これを法定相続分といいます。

民法は、誰が、どのくらい遺言するのかを決めています。
これを法定遺言分といいます。もっとも、常に法的遺言分通りに遺産分割しなければいけないわけではありません。
900条 1項 同順位の遺言人が数人あるときは、その遺言分は、次の各号の定めるところによる。
“現状を把握するためにも法定相続分を覚える”の詳細は »

こうやって相続する人間の組み合わせが決まる

配偶者は常に相続人になると定められています

配偶者は常に相続人になると定められています。
配偶者とは相続が開始した時点での配偶者の
ことをさします。
離婚した過去の配偶者は相続人ではありません。
また、相続開始後に再婚したとしても、
相続の権利は有効です。
“こうやって相続する人間の組み合わせが決まる”の詳細は »

« 過去の記事