カテゴリー: 半端な知識は害になるよ

相続人の権利生活を守るためには

遺留分は、相続開始後の放棄であれば特に届出などは必要とせず、 遺留分の侵害を受け入れるだけで放棄が完了します。

遺言が作成されている場合、相続人はその内容に従わなければ
なりませんが、その内容が行き過ぎた遺言であれば、場合によっては
相続人が著しく不利益を被ることになります。
“相続人の権利生活を守るためには”の詳細は »

相続の秘密証書遺言の作り方

いごん書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない

その1:遺言者の氏名と住所を申述する
その2:公証人が証書提出日及び遺言者の申述内容を封紙に記載する
その3:遺言者及び証人と共に署名押印する。
“相続の秘密証書遺言の作り方”の詳細は »

こうやって相続する人間の組み合わせが決まる

配偶者は常に相続人になると定められています

配偶者は常に相続人になると定められています。
配偶者とは相続が開始した時点での配偶者の
ことをさします。
離婚した過去の配偶者は相続人ではありません。
また、相続開始後に再婚したとしても、
相続の権利は有効です。
“こうやって相続する人間の組み合わせが決まる”の詳細は »

内縁の妻が相続できるものを挙げてみる

相続は内縁の妻も配偶者と認められることが多いのです。大前提として生計を共にし内縁の夫婦という家庭の実態があるということが基本となりますよ

内縁の妻は相続の場合、権利的には対象外というお話は先にさせていただきました。
労働者(内縁の夫)が退職した場合には企業から退職金が支払われますが、内縁の妻のように生計を共にしたものがこの退職金を受け取れるかどうかということに関して問題がおこることがあります。
“内縁の妻が相続できるものを挙げてみる”の詳細は »