こうやって相続する人間の組み合わせが決まる

配偶者は常に相続人になると定められています。
配偶者とは相続が開始した時点での配偶者の
ことをさします。
離婚した過去の配偶者は相続人ではありません。
また、相続開始後に再婚したとしても、
相続の権利は有効です。

相続人及び相続分
第1順位  配偶者と子 配偶者2分の1、子2分の1
第2順位  配偶者と直系尊属 配偶者3分の2、直系尊属3分の1
第3順位  配偶者と兄弟姉妹 配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1

第1順位の相続  配偶者と子 (配偶者が死亡してる場合は、子のみ)
法定相続分  配偶者2分の1 子2分の1
(例外 特別養子縁組)。
離婚した配偶者の子でも、
婚姻中に生まれたのであれば、嫡出子として相続人に
なる。胎児、非嫡出子も相続権者。
.
第2順位の相続  配偶者と直系尊属(配偶者が死亡してる場合は、直系尊属のみ)
法定相続分  配偶者3分の2 直系尊属3分の1
.
第3順位の相続 ・・・ 配偶者と兄弟姉妹(配偶者が死亡してる場合は、
兄弟姉妹のみ)
法定相続分  配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1
相続するはずの人がすでに死亡している場合、子が代わって相続できる。
・・・・・これを「代襲相続」という。
被代襲者は、被相続人の子と兄弟姉妹。直系尊属・配偶者には
代襲相続はない。
代襲相続は、相続欠格や廃除で、相続人が相続権を失った場合にも適用される。
相続放棄は代襲原因にはならない。

遺産分割は相続人全員の話し合い(遺産分割協議)によって決める。

ただし、遺産が多額に及ぶ場合もあり、容易に話し合いが
できなくなる場合もしばしばです。
話し合いによる解決ができない場合には、裁判所における手続きを申請。る手続きを申請。

遺産を受け継ぐだけが相続ではない
故人さまをしのびきちんと供養をし、被相続人さまの生き様も受け継ぐ。
www.souzoku-shien.net

«
»