パターンで分類する相続の承認の種類

相続の方法には単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあり、相続開始を知った時から3ヶ月以内にどの方法を取るかを決めなければなりませんよ

民法915条
相続人は、自己のために相続の開始(被相続人の死亡)があったことを知った時から3ヵ月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。
“パターンで分類する相続の承認の種類”の詳細は »

銀行の預金の相続についてあれこれを書く

相続での死亡者名義の預貯金は、名義人の死亡時点より法的には‘遺産’になりますよ

預金のような金銭の債権については、相続の開始と同時に各相続人に分割、継承されることとなっています。

相続開始とともに法定通りの分割で帰属することとなり、遺産分割の必要は特にありません。
“銀行の預金の相続についてあれこれを書く”の詳細は »

だれが優先的に相続の権利を得るのかの順位

連れ子のいる人が再婚し、再婚相手が死亡した場合、この連れ子は相続権はありません。再婚相手と生前に養子縁組を結んでなければなりませんよ

【配偶者】
夫または妻のことで、法律上の婚姻関係(戸籍上)
にある者。内縁関係では相続権はありません。配偶者は、
常に相続人になります。
“だれが優先的に相続の権利を得るのかの順位”の詳細は »

生きている時の金銭の動きを相続時に清算する

精算を後にして、若い世代がお金を使えるようにした相続に関する制度の説明です。うまく使うとすごくいい制度ですね。

生前贈与については贈与を受ける者の選択で贈与時に贈与財産に課税される贈与税の納付とその後の相続税にその受贈財産を相続した財産とを合計した価額で計算した贈与税額からすでに納付した贈与税を控除して計算します。
“生きている時の金銭の動きを相続時に清算する”の詳細は »

内縁の妻が相続できるものを挙げてみる

相続は内縁の妻も配偶者と認められることが多いのです。大前提として生計を共にし内縁の夫婦という家庭の実態があるということが基本となりますよ

内縁の妻は相続の場合、権利的には対象外というお話は先にさせていただきました。
労働者(内縁の夫)が退職した場合には企業から退職金が支払われますが、内縁の妻のように生計を共にしたものがこの退職金を受け取れるかどうかということに関して問題がおこることがあります。
“内縁の妻が相続できるものを挙げてみる”の詳細は »

戸籍上の子供の相続について の説明です

遺産の返還権利は、相続人が相続権を侵害されたとされる日から5年、相続があったときから20年経過すると時効になりますよ

たとえば、戸籍上実子になっていても本当の親子関係が無く、養子縁組もしていない子に遺産を相続させたい場合はどうでしょうか。法律上の親子関係が生じていませんから権利を主張する立場は弱くなることになります。
“戸籍上の子供の相続について の説明です”の詳細は »

最新の記事 »