タグ: 貢献

公平な相続のための特殊な相続分

法定相続分は、被相続人と相続人の関係を一切考慮せず、一律に決められています。しかし、相続人の一人が相続の開始前から多くの財産を譲り受けていた場合や、 逆に、被相続人の財産の維持や増加に努めていた場合には、法定相続分どおりの相続では不公平となる場合があります。

寄与分制度とは、相続人の中に被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした者が
いる場合に、その後見に見合った割合の財産をその者の相続分に加えることで他の者との
公平を図る制度です。
“公平な相続のための特殊な相続分”の詳細は »