カテゴリー: こんなにやることが多いのが相続だ

公平な相続のための特殊な相続分

法定相続分は、被相続人と相続人の関係を一切考慮せず、一律に決められています。しかし、相続人の一人が相続の開始前から多くの財産を譲り受けていた場合や、 逆に、被相続人の財産の維持や増加に努めていた場合には、法定相続分どおりの相続では不公平となる場合があります。

寄与分制度とは、相続人の中に被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした者が
いる場合に、その後見に見合った割合の財産をその者の相続分に加えることで他の者との
公平を図る制度です。
“公平な相続のための特殊な相続分”の詳細は »

慰謝料、損害賠償請求権の相続とは?

被害者が死亡した場合でも、すべての損害賠償請求権が発生し、相続されるとういうことに争いはありません。

Aさんのご子息が医療過誤により死亡しました。ご子息の損害賠償請求権を祖族して訴えることはできるのでしょうか。
“慰謝料、損害賠償請求権の相続とは?”の詳細は »

私には相続する人かいないのです

折角の財産も引き継ぐ人がいない場合どのようにすればいいのでしょうか

相続というと、結婚し自分の財産を子に引き継いでもらうというイメージだと思います。では結婚していても子どもがいない場合は相続人がいなく、その財産は寄付するなどしないといけないのでしょうか?


“私には相続する人かいないのです”の詳細は »

相続の遺言執行者を有効に する段取りがある

遺言執行者に、相続人の1人を指定することもでき、遺言執行者に、弁護士が指定することも多いものです。

スムーズに遺言内容が執行されるために遺言書の中で遺言執行者を指定しておくことは遺産相続争いを避けるためにも有効です。遺言執行者に、相続人の1人を指定することもでき、遺言執行者に、弁護士が指定することも多いものです。
“相続の遺言執行者を有効に する段取りがある”の詳細は »

現状を把握するためにも法定相続分を覚える

民法は、誰が、どのくらい相続するのかを決めています。これを法定相続分といいます。

民法は、誰が、どのくらい遺言するのかを決めています。
これを法定遺言分といいます。もっとも、常に法的遺言分通りに遺産分割しなければいけないわけではありません。
900条 1項 同順位の遺言人が数人あるときは、その遺言分は、次の各号の定めるところによる。
“現状を把握するためにも法定相続分を覚える”の詳細は »

パターンで分類する相続の承認の種類

相続の方法には単純承認、限定承認、相続放棄の3つがあり、相続開始を知った時から3ヶ月以内にどの方法を取るかを決めなければなりませんよ

民法915条
相続人は、自己のために相続の開始(被相続人の死亡)があったことを知った時から3ヵ月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。
“パターンで分類する相続の承認の種類”の詳細は »

銀行の預金の相続についてあれこれを書く

相続での死亡者名義の預貯金は、名義人の死亡時点より法的には‘遺産’になりますよ

預金のような金銭の債権については、相続の開始と同時に各相続人に分割、継承されることとなっています。

相続開始とともに法定通りの分割で帰属することとなり、遺産分割の必要は特にありません。
“銀行の預金の相続についてあれこれを書く”の詳細は »

だれが優先的に相続の権利を得るのかの順位

連れ子のいる人が再婚し、再婚相手が死亡した場合、この連れ子は相続権はありません。再婚相手と生前に養子縁組を結んでなければなりませんよ

【配偶者】
夫または妻のことで、法律上の婚姻関係(戸籍上)
にある者。内縁関係では相続権はありません。配偶者は、
常に相続人になります。
“だれが優先的に相続の権利を得るのかの順位”の詳細は »

戸籍上の子供の相続について の説明です

遺産の返還権利は、相続人が相続権を侵害されたとされる日から5年、相続があったときから20年経過すると時効になりますよ

たとえば、戸籍上実子になっていても本当の親子関係が無く、養子縁組もしていない子に遺産を相続させたい場合はどうでしょうか。法律上の親子関係が生じていませんから権利を主張する立場は弱くなることになります。
“戸籍上の子供の相続について の説明です”の詳細は »