現状を把握するためにも法定相続分を覚える

民法は、誰が、どのくらい遺言するのかを決めています。
これを法定遺言分といいます。もっとも、常に法的遺言分通りに遺産分割しなければいけないわけではありません。
900条 1項 同順位の遺言人が数人あるときは、その遺言分は、次の各号の定めるところによる。
1号 子及び配偶者が遺言人であるときは、子の遺言分及び配偶者の
遺言分は、各2分の1とする。

2号 配偶者及び直系尊属が遺言人であるときは、配偶者の遺言分は、
3分の2とし、直系尊属の遺言分は、3分の1とする。

3号 配偶者及び兄弟姉妹が遺言人であるときは、配偶者の遺言分は、
4分の3とし、兄弟姉妹の遺言分は、4分の1とする。

4号 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の遺言分は、
相等しいものとする。ただし、嫡出でない子の遺言分は、嫡出である子の遺言分の2分の1とし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の遺言分は、
父母の双方を同じくする兄弟姉妹の遺言分の2分の1とする。

配偶者(夫、妻)は、常に遺言人になります。
子供が複数の場合は、子供の数で頭割りします。
(親、兄弟の場合も、頭割りになります。)
夫婦に子供が生まれれば、その夫婦の親には遺言権がなくなることになります。

お子さんがいない夫婦で不幸があって遺言になりますと、相手の親または兄弟(親がいない場合)にも遺言権があります。親、兄弟がいない場合でも、甥、姪にも遺言権があります。子供のいない夫婦は遺言を書くことが有効でもめごとを起こさないサポートにもなります。
民法では、遺言人の範囲が決まっています。これを法定遺言人といいます。

«
»