私には相続する人かいないのです

相続というと、結婚し自分の財産を子に引き継いでもらうというイメージだと思います。では結婚していても子どもがいない場合は相続人がいなく、その財産は寄付するなどしないといけないのでしょうか?

相続とは必ずしも子どもだけに引き継がれるもので子どもがなければ国に行ってしまうというわけではありません。 結婚していれば、配偶者や両親・祖父母・などの直系尊属もしくは兄弟姉妹に引き継がれることになります。 両親・祖父母・兄弟姉妹も皆亡くなっている場合、兄弟姉妹の子供に相続されます。 もし生前一緒に生活をしていた人や看病など面倒を看ていた人がいればこの方たちも相続財産を取得することになります。この場合を特別縁故者といいます。 もしこの特別縁故者に該当する人もいない場合は、相続財産は国に帰属することとなります。 せっかくの財産を相続人がないということだけで国のものになってしまうのはもったいないですね。 相続人がいないと分かっているならば遺言書を作成してどのように財産が振り分けたらいいのか考えるのは大切なことだと思います。 是非自分を振り返るという点でも一度遺言書作成をお勧めします。

«
»
 

トラックバックURL