公平な相続のための特殊な相続分

寄与分制度とは、相続人の中に被相続人の財産の維持や増加に特別な貢献をした者が
いる場合に、その後見に見合った割合の財産をその者の相続分に加えることで他の者との
公平を図る制度です。

特別な貢献をした者を寄与者と呼び、寄与者が受ける特別な後見に見合った財産の
取得分を寄与分といいます。

何が特別な貢献に当たるかを判断することは難しいのですが、とりあえず次の4つが
考えられます。

1、被相続人の事業に、無報酬またはそれに近い状態で従事していた場合

2、被相続人の事業の借金を返済するなどして、事業の維持に努めた場合

3、被相続人の療養看護に努め、医療費などの支出を抑え、財産の維持に貢献した場合

4、被相続人の生活費を賄い、財産の維持に努めた場合や、被相続人の財産管理を
  行い、財産の維持に貢献した場合

などがあります。

寄与分については、「特別な貢献にあたるのか」「寄与分はどれぐらいか」を
相続人の全員で話し合って決めることになっています。話合いが付かない場合は、
家庭裁判所に申立てをして、寄与分の有無を決めてもらいます。

寄与分が認められた場合には、被相続人が相続開始の時から有していた、
財産の価格から寄与分を控除し、残った財産を法定相続分で分けます。

最終的には、法定相続分に寄与分を加えた財産が寄与者の取り分となります。

«
 

トラックバックURL